三人の女性

精神病でさらに抱えるストレス【専門医を頼ってストレスフリー】

精神的な病気と付き合う

頭を抱える女性

ゆっくり着実に対処

精神病というと、一見ネガティブな印象を受けます。しかし多くの精神病は誰しも患う可能性のある病気であるとされています。以前、昭和の頃ほどまでは精神病というと、いかにも病的で世間から偏見の目で見られるような人というイメージが強く持たれていました。しかし現代では精神病に関する正しい情報が人々の間に浸透した事からも、上記のようなひどい偏見のようなイメージを持たれる事はなくなってきています。実際にうつ病の診断項目をチェックしてみると、その症状は多くの人々がほぼ必ずと言って良いほど経験している症状ばかりです。身体的な不調とも因果関係が強く、内臓疾患や神経障害などとも関連性が強くなっているため、実際には現在認識されているよりももっと多くの人々が精神病を患っている可能性も考えられます。職場の人間関係などが難しくなってしまったり、コミュニケーションが取りづらく感じている、などといったややアバウトでわかりずらい問題がきっかけでもあるため、自分が今精神的な病気を患っているのかどうかも実際にはわかりずらいものです。精神病を自分自身が患っている事に気がつかず職場で理不尽な人間関係を無理矢理構築しているといった事は珍しくなく、むしろ良く聞かれる話です。この場合、理不尽な人間関係を構築している事で、周囲から自分の性格の欠点を補ってもらっている形になっているため、本人はさほどつらさを感じず生活する事ができるのです。上記のような場合、その周囲の人は理不尽な思いをするため気を遣いながら接する必要がありますが、本人は強く負担を感じないので、ある意味ではバランスが取れた社会性が出来ており、精神病ではないと言うことができるでしょう。

精神の病気を患うまで

職場などで理不尽な人間関係を構築している人が、その理不尽さを誰かから指摘されてしまい自分の性格の問題点と深く向き合う事になってしまった場合、自己嫌悪から精神病を患ってしまう可能性が出てきます。例えて言えば、太い木の枝が音を立てて折れてしまうようなイメージで病的になってしまう事があります。普段、一見すると気丈に振る舞っている人でも、突然何らかのトラブルが生じてしまうと、その機会を通して自分の性格と向き合う必要性が出てくるため、矛盾やジレンマを感じてしまい病的な考え方が作られてきてしまう事があります。あるいは、八つ当たりをする癖がある人に「八つ当たりをやめて下さい」と極端に何度も強く要求すると、自己嫌悪から病的になってしまう事もあります。もし、ここで八つ当たりについて指摘をされない場合には、周囲の人々が気を遣っているという事になり、本人も普通に生活する事ができるため病的な性格を患うことはありません。ただ、人によっては鋭く指摘する人もいるため、人間関係の相性や環境によっては精神病を患ってしまう事があるのです。そのように考えてみると、実は精神病を患う人というのは、環境や運による影響も大きいとも言えるでしょう。もし鋭く指摘する人物との人間関係を作らなければならない場合には、「苦手な人物だから」と一旦距離を置いてみてから、時間をおいて再度接してみるという事もできます。人間関係がやや険悪になってしまっても時間をおいてから再度接してみると案外上手くいく場合もあります。人間の性格は時間による変化や環境変化によって少しずつ変わっているため、自分も相手も性格や考え方が若干変化した事によってうまくいく可能性もあります。このような工夫をした対処法で精神病を患うネガティブな流れを回避する事ができる場合もあります。