三人の女性

精神病でさらに抱えるストレス【専門医を頼ってストレスフリー】

休養と家族の繋がりが大切

男性医師

親しい人との信頼関係構築

精神病と一言で言っても非常に多くの種類の精神病があります。それぞれ幻覚や自己嫌悪など、目に見えない特有の症状に悩まされてしまうため周囲の人からすると不思議な人という印象を受けてしまう事もあります。しかし本人には、例えば幻覚が見えていることから、手を伸ばして幻覚を触ろうとして確認してみたり、掴み取ろうとしてみたりします。しかしこの幻覚は本人にしか目に見えていないため、周囲の人からは見ることができません。そのため端から見るとただ何もないところで手を伸ばしてあの人は何をしているのだろうかと、評価が下がってしまったり嫌悪感を抱かれてしまったりする事さえあります。けれども、本人には幻覚を見ることができているので、この幻覚が見えるのは自分だけなのだろうかとさらに自己嫌悪を起こしてしまい、一連の行動がさらに精神病の悪化やネガィブな要素を作り続けてしまうといった事があります。この時点で、例えば信頼することができる家族の一人が、ちょっと変だから医師に診断してもらおう、などと提案する事で深刻な精神病を患うことを防ぐ事ができるのです。これが家族ではなく、例えば職場の人や友人など、やや遠い関係性のある人からの提案だと信頼することができず、悪い人によってはイタズラをして、からかって馬鹿にするといった事をする人もいる可能性があります。こうして信頼を裏切られてしまい、このようなネガティブな要素が精神病の原因の一つになることも考えられます。自分がネガティブな精神状態に巻き込まれてしまっている可能性があると気がついたら、家族などできるだけ信頼できる人間関係のグループの人と接する時間を増やすことが大切です。

心の傷を癒やす方法

家族など信頼関係がある人とのグループに自分も入って、長時間信頼できる人と接し続ける事によって心の傷を癒やすきっかけに繋げる事ができる場合もあります。精神病予防のためには適度な休養を取る工夫と、信頼のある人々との会話を重点的に置くコミュニケーションを心掛ける事が大切です。上記のような工夫をする事で信頼関係が作られます。自分のコンプレックスや性格の欠点について見直さなければならない場合でも、不特定多数の信頼できない人々からの意見よりも、自分にとって信頼できる人からの意見の方が性格改善の参考になります。自分にとってより良い性格改善、また自分自身の評価向上に繋がる事によって自己嫌悪を解消する事ができるようになるのです。こうしたポジティブな循環を日頃の生活や家庭環境において作り出す事ができれば自分に自信が付き、幼少の頃の心の傷を癒やすことができる可能性もあるのです。心の傷は人によって様々なタイプのものがあり、一概に解釈したり解決法を提案したりする事はできません。しかし「人から傷付けられた心の傷は、いつかまた人によって癒やされる」というカウンセリングの法則があります。信頼できる人との関係が、精神を癒やし、また成長させることができるためポジティブな循環を作り出してゆく事ができるのです。ですから、多くの人は自分の性格が悪いからとか、家庭環境に欠陥があった、などと悲観してしまう事もありますがそれは誤解なのです。むしろ全ての人々がそうした問題やコンプレックスを自己解決し、工夫しながら精神衛生状態を保っているとも言えます。ネガティブな状況にならないためには、自分にあった生活環境の構築や、工夫が大切です。